プロパティマネジメント

miniminiTAKUTO FC、自社ブランド住コンシェル宅都 TAKUTO合わせて30店舗以上を展開

関西地域に密着したリーシング力を武器にレジデンシャルに特化したプロパティマネージメントを行っています。

収益に物件においては、収入を増やし、支出を減らし、そして収益を増加させる一番の目的です。 収益を増やすにあたり、レジデンシャルにおいて収益を向上させるには、空室後の早期稼働が最も 有効な手段と考えられます。早期稼働を実現するにあたり、宅都グループ全体で収益向上を サポートして参ります。

宅都グループ

マンスリーレポート

日々の管理や資金コントロールの状況、また契約者様の動向など、収益物件にあたっては、広範囲で膨大な情報を正確に分析する必要があります。弊社では、不動産投資会社様、個人オーナー様からレポーティングの精度においても高く評価をいただいており、多種多様なご要望に対して柔軟に対応できる実績を有しております。

リーシングレポート

空室物件の募集状況を賃貸オーナーに定期的に報告します。売買の専任媒介契約と 異なり、賃貸管理契約において業務処理状況報告を義務化しているケースは少ないで すが、空室対策はオーナーの重要関心事でもあり、最近は多くの管理会社がリーシン グ報告を始めています。

ファンディングレポート

収益物件において、最も重要な業務の一つが資金のコントロールです。 テナント様からの入金を確認し、各種の支払いを行い、収支を確実に把握することはもちろん、万一未収等のトラブルが発生した場合には、素早く対応し、問題の拡大を防ぐことが、必要不可欠です。また、同時にこれらは大変煩雑な業務であることは言うまでもありません。 弊社では信頼性の高い独自のシステムと経験豊富なスタッフにより、迅速かつ正確に業務を遂行いたします。
大阪市内06-6838-2277 北摂エリア06-6872-3502
総合お問い合わせ

ページのTOPに戻る

大阪・京都・首都圏のファンド、アセットマネジメント向け不動産管理・賃貸マンション管理、入居者募集や空室対策、サブリースは宅都プロパティにお任せ下さい!賃貸物件や賃貸マンションを大阪や京都でご所有のオーナー様、宅都プロパティでは不動産のコンサルティングからプロパティマネジメントまで入居者募集業務などサポート!【ファンド・アセットマネジメントご担当者様へ】